« 2009年5月 | トップページ

2009年6月

うまい焼きなすそうめん

Imgp5515夫婦ふたりして焼きなすが好きで好きで、夏になると狂ったように食べている。1週間で15本とか余裕だもの。さすがに夏の終わりには食べ飽きてくるけど、5月半ばになるとまたいそいそと作り出す。

焼きなすは簡単。グリルに放り込んで焼くだけです。熱々のところを水にとって皮をむくよりも、粗熱がとれるまで放置して、一気にむくほうが簡単。まとめて焼いて冷蔵庫で冷やしておくと、とても便利です。

初夏から夏の終わりにかけて、週末の朝食として幾度となくつくるメニューがこれ。んまい。

<材料>2人分

  • なす 3本
  • 鶏むね肉 1/2枚
  • そうめん 200g
  • 細ネギ 2~3本
  • めんつゆ もしくは白だし
  • ごま

<作り方>

●前日の晩に

  1. 焼きなすを作る。洗って、がくの周りに包丁でぐるっと切れ目を入れた(切り離さない)なすをグリルにぶちこみ、焼く。しばらく焼いて皮が真っ黒くぱりっと焦げたら裏返して同じように。バットか何かに取り出し、粗熱がとれたら皮をむく。水にとらないほうが、甘みが残っておいしい。
  2. 蒸し鶏をつくる。鍋に鶏むね肉と長ねぎの青いところ、しょうがの皮、塩小さじ1を入れ、かぶるくらいの水を加えて中火に。煮立ったら弱火にして、10分程度。火を止めたらそのまま冷ます。
  3. 1と2を冷蔵庫で冷やしておく。

●食べるとき

  1. そうめんをゆでる。ゆであがったら冷水でよく洗う。
  2. 器に盛り、手で裂いた焼きなすと、ほぐした蒸し鶏をのせる。
  3. 細ねぎを小口切りにしてちらし、ごまも振る。
  4. めんつゆ(原液)もしくは白だしをかけ、いただきまーす。ぶっかけ風にね。

夏場は氷を散らしても冷たくてうまいです。前日に具を仕込んでおくと、朝がらくちん。焼きなすは他にも、しょうゆとかつおぶし、しょうがのすりおろしを載せるだけでもうまいし、ナンプラー+ねぎでエスニック風にしてもうまい。10本くらいまとめて作っておきゃあきいいんだよ(←いきなりいい加減になる人)。

| | コメント (68) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ