« あると便利。とりがらスープのもと | トップページ | うまい菜の花からし和え »

うまい肉じゃが

Imgp5134_6

男子が大好きな肉じゃが。コツとしては、じゃがいもを必ず水にさらすこと。むいてから表面をよく洗って、水にさらしておくと煮崩れしにくくなります。この写真のレシピは、鶏がらスープのもとを使ってつくりました。妙にコクが出てうまいです。和風だしに飽きたらどうぞ。

レシピはこんな感じ。多少違ってもうまいので厳密にやる必要はないです。

<素材>

  • 牛こま 150g
  • しょうが 1/2かけ チューブのを使うならしぼりだして3cm
  • じゃがいも(普通サイズ) 3~4個
  • にんじん 細いものなら2本 太いのなら1本
  • たまねぎ 1個
  • さやいんげん 適当(きぬさやでもいい。彩りなのでなくてもOK)

<煮汁>

  • 水 300ml
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ3
  • とりがらスープのもと 大さじ1
  • 日本酒 ちょっと

つくりかた

  1. じゃがいもをむいて4つくらいに切り、水にさらす。あまり小さく切ると、煮上がった頃にはなくなってしまうので注意。
  2. にんじんは乱切りにする。男子がにんじん嫌いなら小さめに。
  3. 厚手のなべに油をしいてしょうがと牛肉を炒める。ちなみに薄手のなだとくっつきやすい。フライパンで炒め、煮るときになべに移すのも良い。
  4. 牛肉の色が変わったらじゃがいもとたまねぎとにんじんを入れて全体に油をなじませる。じゃがいもの表面がてらっとしたらOK。
  5. 酒をふって、鶏がらスープのもとと水を投入する。
  6. 強火にして煮立ったら、アクをとる。適当でよい。
  7. 砂糖とみりんを投入し、弱めの中火で煮込む。10分くらい煮たらしょうゆを投入。
  8. ゆでたいんげんを飾っておわり。

これで2鉢ぶんくらい。大量につくったほうがうまい。一晩おくとさらにうまいです。食べる日の前日につくっておいても。

じゃがいもはメークイン(長細いほう)がおすすめ。男爵(まんまるなほう)は煮崩れてしまいます。が、それもまたうまい。男爵を使うなら、終始弱火で煮ること。煮立てると崩れる。

|

« あると便利。とりがらスープのもと | トップページ | うまい菜の花からし和え »

肉と野菜がうまい」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまい肉じゃが:

« あると便利。とりがらスープのもと | トップページ | うまい菜の花からし和え »